スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

The Flying Eyes「S.T」

posted at : 2009-12-25 (Fri)

091224ff.jpg
The Flying Eyes/S.T (2009)

Black Mountainだ、Dead Meadowだ、Sleepy Sunだ、Weird Owlだ、とストーナー界隈のサイケなバンドには目がない私ですが、もしかしたらその手の若いバンドの中では最も好みかもしれない。すっごい久しぶりの更新はボルチモアのThe Flying Eyesです。

70's丸出しのクラシックなハードロックをベースに、強烈なアシッド感をまき散らしながらご機嫌に展開する脳みそトロトロなヘヴィサイケ。どんどことプリミティブなリズムを叩き出すドラムと、捻りはなくとも耳に残るリフが問答無用で気持ち良い!レイドバックしまくりの音作りは素晴らしく、時折挟まれるキーボードやバイオリンも良い味を出しています。「Red Sheets」のようなあやしくてえろい曲も、「Winter」のようなハードロックチューンも萌える燃える。1曲目「Lay With Me」から最後「King of Nowhere」までダレることもブレることもないジャストヘヴィサイケです。いや、音楽性自体はダレダレだけども。

最初にあげたバンドはどれも古くさい音像を作り上げているようでいて、しっかりとモダンな感性というかポストなんちゃら的な感性が感じられるのも良いかな、と思うのですが、このThe Flying Eyesにはそのようなモダンさが希薄。この辺りがどっぷりハマってしまった要因のようです。たぶん、キモになっているのはボーカルの声質。Black Mountainのツインボーカルが所謂USインディー的な、Rate 60's~70'sのヘヴィサイケやブルースロックとは別の方向へアピールするクールさだとすると、The Flying Eyesのボーカルはその対局を行かんでもない暑苦しさ。基本的には音楽性に合わせただらだら感あふれる歌いっぷりですが、声質自体が男臭く暑苦しい。ボーカルがずば抜けてうまい、というわけではないけれども、00年代のサイケロックとの組み合わせが案外新鮮に感じられる、そんな一枚。

今回紹介したのは過去に出した2枚のEPをまとめたデビュー盤。実質的なフルアルバムは未発表なので、今後がめちゃくちゃに楽しみなバンドです。
スポンサーサイト

posted in : HEAVY ROCK2 comments

Truckfighters「Phi」

posted at : 2009-09-06 (Sun)

PhiPhi
(2007/10/15)
Truckfighters

商品詳細を見る


スウェーデンを代表する(語弊ありあり)バンド、Truckfightersの2005年のアルバム。

先日発表した09年上半期のベストに彼らの新譜「Mania」を入れていましたが、おすすめするのはそちらではなく前々作にあたる「Phi」。Truckfightersは大変オーソドックスな“所謂ストーナーロック”をぶりぶりと鳴らすバンド。メロディやボーカリゼーションはKyussからの影響をモロに感じますが、それ以外にもMonster MagnetやFu Manchu等のUSストーナーのサイケ感やファジ-さを受け継いでいるのは一聴瞭然。ジャケとバンド名から爆総系を想像しがちですが、騙されてはいけません。横乗りの気持ちよいグルーヴと、かっちょいいリフ、丁寧で耳辺りのよい音作りは、偉大な先人達の音と同じように、一旦ハマるとかなりの中毒性があります。とりあえず曲が良い、というのもありますがこの中毒性はやはり音そのものの気持ち良さに起因していると思います。そのあたり、私がこの人らを『所謂ストーナー』と呼ぶ所以。

個人的にはDozerやColour Hazeのように、いつ聴いても普通に格好良い『安全牌』扱いのバンドではあるのですが、演奏、曲、音作り、構成ともにクオリティの高さはどのバンドと比べても遜色ないどころか、頭一つ抜きん出ていると思います。新しいことは何一つやっていなくとも、普遍的な要素の魅力を最大限に引き出してかっちりと演り切る、というのは至難の業なはず。普通に『カッコいいなぁ~』とにニコニコしながら最後まで楽しく聴けるというのは、見過ごしがちなポイントかもしれませんが、本当に重要なことだと思います。そつが無さ過ぎて物足りない人もいるかもですが。

同じような音作りのバンドが多くて、実は割と見分けが付かないという現状においては、かなり重要な立ち位置にあるんじゃなかろうか。いつまでも良心的なストーナーの鑑でいて欲しいバンドです。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

Sleepy Sun「Embrace」

posted at : 2009-08-21 (Fri)

EmbraceEmbrace
(2009/07/07)
Sleepy Sun

商品詳細を見る


サンフランシスコのヘヴィサイケバンド、Sleepy Sunのデビューアルバム。ATPのレーベルから先月リリースされたばかりです。

サンフランシスコらしいローファイかつ繊細なサイケ感と、70年代ブルーズロックのヘヴィさを兼ね備えた、素晴らしいバンドです。久しぶりに凄い(ツボな)バンドが現れてしまいました。言うなればネオサイケ系の浮遊感のあるダラけパートに、ハードロック/ブルーズロック魂を注入したナイス過ぎる方向性。Dead MeadowやBlack Mountain、特に後者にかなり近いとは思うのですが、彼らよりもSleepy Sunの方がアシッドかつドリーミーなサイケさ。しかもその比重が大きいこともあってか、ふわふわと弛緩した所にガツッと切り込んで来るヘヴィなリフが逆に映えて痺れます。その実、リヴァーヴかけまくった線の細いボーカルとファズギターの下ではかなりタイトなリズムが刻まれているのですが、「New Age」「Red/Black」等でそれがヘヴィなリフを得て一気に炸裂してハードロックになる、この展開が堪らない。また、女性ボーカルの苦手な私ですが、このバンドに関しては全く女性ボーカルだということを意識せず聴けるのも個人的にはポイント高し。中性的なわけではないですが、どうも女性というイメージが薄い。

サバスはもちろん、CanやCCR、さらにはComets on fireやMammatus等の廃人/発狂ブルース/サイケなストーナーからも影響を受けたそう。また、Howlin'rainやEarth、Dead Meadowと競演、と聞いて納得の音楽性。気持ち良さと燃えの融合した大変クールなバンドだと思います。

平均年齢23歳くらいの大変なぴちぴちっぷりですが、青臭くはないがいきなり老成してるわけでもなく本当に好印象。しっかり地に足のついたサウンドと、迷いはなく勢いと気概の感じられるテンションに、今後への期待も高まるというものです。しかしSleepy Sunといい、Elderといい最近の若い人たちは凄いなぁ。

http://www.myspace.com/sleepysun

posted in : HEAVY ROCK2 comments

Gonga「Transmigration」

posted at : 2009-08-15 (Sat)

TransmigrationTransmigration
(2009/04/14)
Gonga 2

商品詳細を見る

相変わらずなかなりの人間辞めてるっぷり炸裂の新譜、「Third」で昨年話題を攫ったPortishead。「Third」におけるある意味での“ダメさ”というのはストーナーやドゥームに通ずるものがあり、なるほどと思った次第。というのも、そんなPortisheadのジェフ・バーロウ先生が道楽でやってなさるInvadaが先生の独断と偏見チョイス炸裂のストーナーやドゥーム、ポストロックなどを中心に、若干ダメな感じのアーティストを集めたレーベルだからです。

さて、英国ブリストルのGongaは現在のInvadaの中核を担う所謂ストーナーバンド。プログレッシブな曲展開、ドゥーム的にドスを効いた重たいリズム、煙たくダルなサイケ感を併せ持った21世紀型ハードロック。各パートのしっかりと絡み合ったアンサンブルによる分かりやすい格好良さを武器に、一分の迷いも無く一気に駆け抜ける全9曲。

1枚目と比べて、音楽性に変化があるわけではありませんが、4年間の間に偉大にダメな先人達とのツアーで培ったと思われる芯の強さが強烈に印象に残る1枚。目新しいことは何一つやっていなくとも、余裕さえ感じられる王道っぷりには文句の付けようもありません。難しいことは言わず、ひたすら爽快で痛快で楽しいぜ、あはは、というアルバム。ジョシュ・オムを想起させるボーカルのせいもあってか、開き直ってしまっている気もしますが、その余裕こきっぷりが、凡庸さを突き抜けて説得力と底力のある音を生み出しています。なるほどストーナー/ドゥームに必要なのは小賢しいメッセージ性やお寒いロック理論ではなく、ただ単に聴いていて気持ちのよい肉体的な感覚なんだなぁ、と改めて気付かせてくれるバンドですGonga。バンド名もアートワークもタイトルも頭良くなくてイカしてるぜ。連呼したくなるな、GongaGonga。



ブリストルと言えばThe Headsですが、Gongaはもっと端正なストーナー。ちなみに、レーベルメイトのFuzz Against JunkはThe Headsの音像にジャジーさを足したような廃人ハードロックでなかなかクールです。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

Weedeater「God Luck and Good Speed」

posted at : 2009-07-26 (Sun)

God Luck and Good SpeedGod Luck and Good Speed
(2007/07/31)
Weedeater

商品詳細を見る


草喰い、といえば所謂芝刈り機のことですが、このバンドの場合は言葉通りの意味、草を喰う人のことだな、というのは言わずもがなですね。ドゥーム/ストーナー界隈にはヒネりのないバンド名が溢れ返っていますが、Weedeaterほど直球なバンド名もそうそう無い気がします。

さて、音の方はバンド名に恥じぬ草スラッジメタル。元Buzz-ovenのDixieの呻きと咆哮、濁った音で繰り出される剛直リフ、腐臭を放つ沼を手コギで這い進むかのような低音バカスラッジで圧殺。スローでダウナーなリフでずぶずぶとトリップさせておいてから、ミドルテンポのメタリックな曲へとシフトしていく、この展開は「そうくると思ったぜ!」と心のうちで叫びながらも無条件に燃えること間違い無し。スラッジコアというと聴き辛いイメージが多少なりともありますが、WeedeaterもEYEHATEGODやBongzillaと同じように普遍的なロックの格好良さを、一本筋の通った芯として持っているため大変聴きやすい。また、今回聞き直していて初めて気付いたのですが、プロデュースはスティーヴ・アルビニ。アルビニらしさを微塵も感じさせない下品で粗野な音作りは、こういうのが好きだしこれしかできんのよ、という情熱と頭の悪さを感じさせて好感触。

スラッジとサザンロックは親和性が高い、と前にも書きましたが、このアルバムでは「Gimme Back My Bullets」の極悪カバーを披露。本家の持つ豪快さを鈍器でぶん殴られる(フルスイングで)ようなどぼっとしたグルーヴへと上手い具合に転化している。Sons of otisの「Badman」のカバーもなかなかでしたが、もっとストレートな仕上がりになっているため、ヘヴィロックとしてのレイナードの格好良さを再認識しつつおわる。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。