スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

35007「Into the void we travelled」

posted at : 2007-05-30 (Wed)


35007「Into the void we travelled」1998

さて、今まであまり手をつけてこなかったオランダ勢ですが、どうも35007だけはスルー出来ないだろ!そんな音を出している気がするっ!と思い至り今更購入……こっ、これはっ………すげぇ………

スペーシーでメカニカルでグルーヴィーでどこかモダンなサイケデリックストーナー。トランスっぽくもあるけれど、あくまでストーナーロックの枠組みの中でやってのけるセンスとバランス感覚は、他のバンドには真似出来ない唯一無比の音を作り出しています。所謂スペースロックのぴよよーんというあれではなく、メカニカルな整頓されたエフェクトと(理系)、ロックバンド的な非常にナマっぽい部分(不良)との対比が素晴らしく、その融合によって35007にしか生み出せないグルーヴがわき上がって来ます。いやもうぶっ飛びますよ。無茶苦茶格好良いです。

「Phase V」も届いてるのでそっちについてはまた後日。
スポンサーサイト

posted in : HEAVY ROCK0 comments

Little Feat「Sailin' Shoes」

posted at : 2007-05-27 (Sun)


Little Feat「Sailin' Shoes」 1972

mixiにも少し書いたのですが、Little Featです。このジャケは一度見たら忘れられないので、ずっと前から名前だけは知っていたバンド(まぁ大御所ですし)。なかなか聴く機会がなかったのですが、先日「Sailin' Shoes」を聴いたらあまりの格好良さに目からウロコが落ちました。実際はLAのバンドだそうなのですが、ばりばり南部なサウンドに撃沈されました。アルバムとしても割とまとまりがあって粒揃いの一枚だと思うのですが、とくに「Willin'」はもの凄い良い曲……ローウェル・ジョージのスライドギターはもちろんだけども、ビル・ペインの鍵盤も良いと思うんですよ。

70年代の作品だけでもちまちま集めようと思います。ああ金が…

posted in : ROUTE0 comments

Dirty Sweet「Of Monarchs and Beggars」

posted at : 2007-05-21 (Mon)


Dirty Sweet「Of Monarchs and Beggars」2007

先日FOUNDATIONの「CATACLYSMIC ABYSS」を見てたら、ツアーフッテージでこのバンドの「Baby come home」が使われてまして。非常にツボだったんでチェックしたらアルバム発売前でしたのでアマゾンで予約。そんでやっと届いたDirty Sweetの1stフルです。

いやー…これは……wktkしながら待っていた甲斐があった……ちょっといきなり完成度高過ぎじゃね!?サザンロックでカントリー(あんまりブルージーではない)。非常に大陸的でカラッとノリの良い曲が詰まっています。「Baby come home」みたいなロックンロールもいいんですが、なんつっても「Delilah」とかのバラード系が秀逸。オルガンもいいねぇ。泥臭いのは泥臭いですが、サウンドプロダクションも含めてかなり垢抜けてて、ディープな音ではないので売り方によってはかなり…クるかもしれません(稲本が売れる!と言って売れたためしはありません)。あと普通にBlue Vanとか好きな人にはオススメします。

でもアルバム発売前にビデオに曲を使ってたのが凄い気になる…たぶんサンディエゴ繋がりなんだけど誰かの身内か?

posted in : OTHER0 comments

Los Natas「El Hombre Montana」

posted at : 2007-05-19 (Sat)


Los Natas「El Hombre Montana」2006

アルゼンチンのバンド。もうベテランですね。先日紹介した「Sucking 70's」で演ってた「Born to be wild」の歌詞がスパニッシュになってて、聞き慣れた曲だったのもあってか、その響きがえらく新鮮で格好良かったわけですが、アルバムでもやっぱり『英語ではない』響きの格好良さに痺れること請け合い。歌詞の意味は一行たりとも、というか一単語たりとも分かりませんがまぁ良し。うんざりするほどどこでも言われてることだけど、音はKyussタイプのデザートロック。でも、もうKyussを引き合いに出す必要もないですね。ラテンなノリもあるのに全体的に妙にダークなサイケっぷりが炸裂しててそれもまた格好良し。ラフな音像も味を出していますが、なんつっても腹の底に響くうねうねなグルーヴが最高。

やっぱり頭一つどころか5つくらいは抜きん出てるなぁ、と思います。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

HERMANO「Live at W2」

posted at : 2007-05-14 (Mon)


HERMANO「Live at W2」2005

Queens of the Stoneageが現行のバンドであるのに対して、生ける伝説みたいな捉えられ方をされることが多い気のするジョン・ガルシア様の現行のバンドHermano、の荒野を砂埃上げてぶっ飛ばす爆走50分ライブ盤!Kyuss、Unidaとはまた少し方向性の違うハードロックにガルシア様のボーカルが乗るわけですが、もう、この人、神過ぎる……!ていうか男前過ぎる!!!あまりにも安定してるかな、という物足りなさはあるかもだけどまぁそんなのは微々たる問題で、あの耳に心地よく妙にセクシーさ満載のボーカルを堪能できる至福の50分間がここにあるですよ。「Roll Over」のイントロ~歌い出しで腰が砕けること請け合い。AC/DCの「TNT」のカバーもハマり過ぎだし、選曲も最高です(Angry Americanが入ってないのは意図があってのことでしょうか)。

いやはや素晴らしい。DVDも欲しいなぁあああああ。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

Monster Magnet「Spine of God」

posted at : 2007-05-07 (Mon)


Monster Magnet「Spine of God」1992

アーティスト別にアルバム紹介なんぞやってみようかい、というわけでMonster Magnetの作品を順を追って紹介します。なんでMonster Magnetかというと単に好きだから。あとブートも持ってるのでそれも紹介したいからです(笑

えっとこれの前にセルフタイトルもあるんですがそれは割愛。92年リリースの「Spine of God」はストーナーロック史に残る名盤。Monster Magnetというとアメリカンで頭の悪そうなハードロック(昔のMotley CrueのPVのようにバブリーな)というイメージがあるかもしれないんですが、初期は本当にでろでろどろどろした酩酊っぷりが素晴らしい、凶悪な音を鳴らしていたんですよ。特にこのアルバムは所謂音の重さという意味でのヘヴィな音ではないので少々肩すかしをくらう人もいるかもですが、ストーンドしまくってぶっ飛んでます。「Nod Scene」やGrandfunkのカバー「Sin's a Good Man's Brother」も格好良いのですが、個人的にはなんといってもタイトルトラックが最強。ダウナーなトリップサウンドで涅槃な心地ですよ。地に足のついた粘っこい低音、スペーシーなエフェクト、いい感じに教育上宜しくない理由から)ダルく、いい感じに鬼気迫ってて、その辺のバランス感覚はちょっと他にないと思います。

ちなみに去年リマスター盤が出ました。私は買ってないんですけど音質はどんな感じか気になります。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

coil「musick to play in the dark vol.1+vol.2」

posted at : 2007-05-04 (Fri)

 
coil「musick to play in the dark vol.1+vol.2」2000

今日出かけた折に、久しぶりに西新宿をうろうろしてたんですが、なんと!念願かなってvol.2を見つけました。去年リイシューされてたんですね…「ape of naples」以降すっかり離れてたのでリサーチ不足でした。しかし、なんでかわかんないけど結構な値段したなぁ。昔amazonで買ったもののvol.1が届いてしまい、そんなことをしているうちに手に入らなくなっていたvol.2。レコード屋(どこかは察して下さい)で胸に抱きしめて小躍りですよ。ちなみにウチにあるvol.1はセカンドエディション。ジャケはもっと黄色掛かった色合いなんですが、エディションで色味が違うんかな。

「musick to play in the dark」はcoil後期の名盤と断言出来る傑作。電子音、ノイズ、ピアノ、ジョン・バランスの呟き、全ての要素が荒野を微かな電子ノイズが渡って行くような、どこか寒々しい音ですが、これがもう言葉に出来ないくらい素晴らしい。即興っぽい電子音楽から構築美のテクノ、どこかサティ風のピアノが旋回するものに、宗教曲風の詠唱が心を揺らす「Batwings(a limnal hynm)」、案外バラエティに富んだ内容です。特にvol.2の最後を飾る「Batwings」は本当に名曲。

vol.1は6曲、vol.2は7曲入りでどちらも一時間弱。計120分の小旅行へ出かけることが出来ます。

posted in : OTHER0 comments

Baby Woodrose「Love Comes Down」

posted at : 2007-05-04 (Fri)


Baby Woodrose「Love Comes Down」2006

デンマークのバンド。レトロなサイケ/ガレージをやってます。メロディはキャッチーで聴きやすく、適度に色気があって難しいこと一切無し。個人的には非常に夏向きな音楽だと思います。最近日中は半袖でも全然大丈夫なくらい暑いですしね。

このバンドのアルバムは、他に「Blows your mind」と「Money for soul」の二枚を持ってるんですが、一番新しいこのアルバムのことをすっかり忘れてまして。先日いきなり聴きたくなってamazonで探したら取り扱いがなくて凄くショックでした。でもなぜかiTunesで取り扱いあったので不本意ながらダウンロードで購入。確かに便利だし安く済むけどつまらんなぁダウンロードで購入するのって。元々レンタルも一切しないし、やっぱりデータやダビングでなくきちんと音源持っておきたいよね。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。