スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

Drive-By Truckers「Fine Print: A Collection of Oddities and Rarities 2003-2008」

posted at : 2009-09-13 (Sun)

Fine Print: A Collection of Oddities and Rarities 2003-2008Fine Print: A Collection of Oddities and Rarities 2003-2008
(2009/08/31)
Drive-By Truckers

商品詳細を見る

ジョージア州アセンズのサザン/カントリーロックバンド、Drive-By Truckersのレアトラック集。「Uncle Frank」や「Goode's Field Road」等のアウトテイクや未発表曲に加えてディラン、Tom T. Hall 、Tom Petty、Warren Zevonのカバーを収録。

新作ではないためアルバム全体での評価は難しいのですが、DBTが好きなんだー!という熱いファンなら満足の1枚です。Jason IsbellのソロもPatterson Hoodのソロもヘヴィな内容でしたが、やっぱり本家DBTの重さは堪らんくらい魅力的。豪快なヘヴィさと鬱屈感は大変南部的で、レイナードやモリー・ハチェットなんかの豪快さ、痛快さとはまた違った魅力があります。特にジヴォンの名曲「Play It All Night Long」はずば抜けてヘヴィな仕上がり。一番耳に残ったのは、Jason Isbellの「When the well runs dry」。彼のDBT時代の曲はどれも忘れ難いものがありますが、この曲もお蔵出ししてくれて良かったと感謝したくなる良い曲。アップテンポになった「Goode's Field Road」のアウトテイクも良いな。ラストを飾るのは、選曲のベタさもさることながら、メンバーが代わりばんこにボーカルを取る作りにグッと来る「Like a Rolling Stone」。トリプルギター編成時の未発表曲ということもあるし、何よりこの人達の原曲に対する愛情と思い入れが感じられてちょっとだけ涙腺が緩むのでした。

サザンメタルやドゥームなんか普段聴いていると、サザンロック的なヘヴィネスを上手く換骨奪胎してドゥーム的な重さに転化しているなぁと感心することも多いのですが、DBTのようにトラディショナルなサザンロックの範疇でここまで重い音を出すバンドって中々いないんじゃなかろうか。レアトラック集でも手を抜くことなく、南部の良い面も悪い面も(どっちか言うとダークサイド寄りか?)を煮詰めた大変濃い世界を構築しています。
スポンサーサイト

posted in : ROUTE0 comments

Truckfighters「Phi」

posted at : 2009-09-06 (Sun)

PhiPhi
(2007/10/15)
Truckfighters

商品詳細を見る


スウェーデンを代表する(語弊ありあり)バンド、Truckfightersの2005年のアルバム。

先日発表した09年上半期のベストに彼らの新譜「Mania」を入れていましたが、おすすめするのはそちらではなく前々作にあたる「Phi」。Truckfightersは大変オーソドックスな“所謂ストーナーロック”をぶりぶりと鳴らすバンド。メロディやボーカリゼーションはKyussからの影響をモロに感じますが、それ以外にもMonster MagnetやFu Manchu等のUSストーナーのサイケ感やファジ-さを受け継いでいるのは一聴瞭然。ジャケとバンド名から爆総系を想像しがちですが、騙されてはいけません。横乗りの気持ちよいグルーヴと、かっちょいいリフ、丁寧で耳辺りのよい音作りは、偉大な先人達の音と同じように、一旦ハマるとかなりの中毒性があります。とりあえず曲が良い、というのもありますがこの中毒性はやはり音そのものの気持ち良さに起因していると思います。そのあたり、私がこの人らを『所謂ストーナー』と呼ぶ所以。

個人的にはDozerやColour Hazeのように、いつ聴いても普通に格好良い『安全牌』扱いのバンドではあるのですが、演奏、曲、音作り、構成ともにクオリティの高さはどのバンドと比べても遜色ないどころか、頭一つ抜きん出ていると思います。新しいことは何一つやっていなくとも、普遍的な要素の魅力を最大限に引き出してかっちりと演り切る、というのは至難の業なはず。普通に『カッコいいなぁ~』とにニコニコしながら最後まで楽しく聴けるというのは、見過ごしがちなポイントかもしれませんが、本当に重要なことだと思います。そつが無さ過ぎて物足りない人もいるかもですが。

同じような音作りのバンドが多くて、実は割と見分けが付かないという現状においては、かなり重要な立ち位置にあるんじゃなかろうか。いつまでも良心的なストーナーの鑑でいて欲しいバンドです。

posted in : HEAVY ROCK0 comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。