スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

Cicada Omea「These Bones」

posted at : 2009-07-29 (Wed)

These BonesThese Bones
(2008/06/10)
Cicada Omega

商品詳細を見る


毎年7月にミネアポリスで開催されるDeep Blues Festivalは、T-Model Fordのような大御所を交えつつも、変なローファイブルーズロックやワンマンバンドがそれこそ山盛り大量に出演する野外フェスで、このフェスの出演者を漁るとなかなか面白い人たちがざらざら出て来るため、最近はもっぱらこれのマイスペを起点に色々回っています。

さて、おそらくそんな中でひっかけたであろうCicada Omegaはケンタッキーのバンド。南部ゴシックでくくっても構わないであろう、かなりワイアードなルーツロックを演っています。基本はスワンピーなブルースながら、かなりファンキーな黒い感じのビートを混ぜて来たり(マイスペのジャンルにはブルース/トランスとある)、かと思えばどこかストーナーというかデザートロック風のグルーヴを持っていたり、はたまたバンジョーを入れてアパラチアンぽさも若干感じさせてみたり、と引き出しの多さには驚かされます。

難を言えば音質がイマイチなのと、アルバム全体では少し散漫に感じられるのが気になりますが、かなり面白いバンドだと思います。何よりもそのゴスっぽさが堪らない。決して暗さ一辺倒なわけではなく、躁的な陽気さと表裏一体のダークさや歪みが混じり合って大変奇妙な世界を作り出しています。トラディショナルな曲も交えて展開する、良い意味でジャンクな味わいたっぷりの13曲です。
スポンサーサイト

posted in : ROUTE0 comments

comments

leave a comment

管理者にだけ表示を許可する

* = 必須項目

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。