スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

イーディス・ウォートン「幽霊」

posted at : 2009-08-23 (Sun)

久しぶりに本の感想とか。ブログを分けようかと思ってたけどめんどくなった。今後も少しずつ読書感想文の掲載率を上げようと画策中。

幽霊幽霊
(2007/07)
イーディス ウォートン

商品詳細を見る

海外作家のホラーで恐い思いをしたことはあまりないが、イーディス・ウォートンの短編はなんだか異常に気持ちが悪く感じる。

ウォートンの幽霊話を集めた短編集。ウォートンといえばピュリッツアー賞を受賞した「イーサン・フローム」で知られるが(未読)、短編においては怪奇小説を何点か発表しており、アンソロジーピースとして目に触れる機会も多い。「柘榴の種」「あとになって」等の朦朧法を用いた作品の気持ち悪さは、放り投げっぷりのせいもあるが、不可解な出来事の背後から他人という所詮得体の知れない存在の悪意や不気味さが滲み出ているからだろう。静謐、という言葉の浮かぶ世界で地味に進行していくストーリーは、ショッキングさではなく得体の知れなさとアンチクライマックスで読むものを『妙な心持ち』のまま置き去りにする。前半はストーリーの印象がどれも似ていて単調だが、後半の「柘榴の種」「ホルバインにならって」「万霊節」はどれも忘れ難い印象を残す。特に「ホルバインにならって」の年老いた二人が行う晩餐会の奇妙で滑稽でグロテスクな光景と、その哀しさは特筆に値する。

割と最近、泉鏡花を読み直していて「眉かくしの霊」が記憶にあるよりも何倍も不気味さのある作品だったことに衝撃を受けた。昔読んだ時は文体の美しさに気を取られてよく分かっていなかったようだ。ウォートンの、趣きのある静かな文体にするりと異界の存在を忍ばせて、ふとした瞬間にゾッとさせる手腕には、「眉かくしの霊」を読んだ時の恐ろしさと奇妙に重なる部分がある。


しかし、訳文はその筆致を伝えているようで、実際は流れが悪くなんだかあまり乗れず。アンソロジーに入っていた「ざくろの実」の訳のが好きだなぁ。別に原文で読む訳でも読んだところで正確にわかるわけでもないけれど、訳がイマイチだと地味にげんなり。だが、映画を見終わって「字幕:戸田奈津子」と出たときのガッカリ感に比べればなんぼかマシ。あのガッカリ感は英語が分からない分それだけ重い。
スポンサーサイト

posted in : LITERATURE0 comments

comments

leave a comment

管理者にだけ表示を許可する

* = 必須項目

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。