スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

Drive-By Truckers「Fine Print: A Collection of Oddities and Rarities 2003-2008」

posted at : 2009-09-13 (Sun)

Fine Print: A Collection of Oddities and Rarities 2003-2008Fine Print: A Collection of Oddities and Rarities 2003-2008
(2009/08/31)
Drive-By Truckers

商品詳細を見る

ジョージア州アセンズのサザン/カントリーロックバンド、Drive-By Truckersのレアトラック集。「Uncle Frank」や「Goode's Field Road」等のアウトテイクや未発表曲に加えてディラン、Tom T. Hall 、Tom Petty、Warren Zevonのカバーを収録。

新作ではないためアルバム全体での評価は難しいのですが、DBTが好きなんだー!という熱いファンなら満足の1枚です。Jason IsbellのソロもPatterson Hoodのソロもヘヴィな内容でしたが、やっぱり本家DBTの重さは堪らんくらい魅力的。豪快なヘヴィさと鬱屈感は大変南部的で、レイナードやモリー・ハチェットなんかの豪快さ、痛快さとはまた違った魅力があります。特にジヴォンの名曲「Play It All Night Long」はずば抜けてヘヴィな仕上がり。一番耳に残ったのは、Jason Isbellの「When the well runs dry」。彼のDBT時代の曲はどれも忘れ難いものがありますが、この曲もお蔵出ししてくれて良かったと感謝したくなる良い曲。アップテンポになった「Goode's Field Road」のアウトテイクも良いな。ラストを飾るのは、選曲のベタさもさることながら、メンバーが代わりばんこにボーカルを取る作りにグッと来る「Like a Rolling Stone」。トリプルギター編成時の未発表曲ということもあるし、何よりこの人達の原曲に対する愛情と思い入れが感じられてちょっとだけ涙腺が緩むのでした。

サザンメタルやドゥームなんか普段聴いていると、サザンロック的なヘヴィネスを上手く換骨奪胎してドゥーム的な重さに転化しているなぁと感心することも多いのですが、DBTのようにトラディショナルなサザンロックの範疇でここまで重い音を出すバンドって中々いないんじゃなかろうか。レアトラック集でも手を抜くことなく、南部の良い面も悪い面も(どっちか言うとダークサイド寄りか?)を煮詰めた大変濃い世界を構築しています。
スポンサーサイト

posted in : ROUTE0 comments

comments

leave a comment

管理者にだけ表示を許可する

* = 必須項目

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。