スポンサーサイト

posted at : -------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted in : スポンサー広告

The Flying Eyes「S.T」

posted at : 2009-12-25 (Fri)

091224ff.jpg
The Flying Eyes/S.T (2009)

Black Mountainだ、Dead Meadowだ、Sleepy Sunだ、Weird Owlだ、とストーナー界隈のサイケなバンドには目がない私ですが、もしかしたらその手の若いバンドの中では最も好みかもしれない。すっごい久しぶりの更新はボルチモアのThe Flying Eyesです。

70's丸出しのクラシックなハードロックをベースに、強烈なアシッド感をまき散らしながらご機嫌に展開する脳みそトロトロなヘヴィサイケ。どんどことプリミティブなリズムを叩き出すドラムと、捻りはなくとも耳に残るリフが問答無用で気持ち良い!レイドバックしまくりの音作りは素晴らしく、時折挟まれるキーボードやバイオリンも良い味を出しています。「Red Sheets」のようなあやしくてえろい曲も、「Winter」のようなハードロックチューンも萌える燃える。1曲目「Lay With Me」から最後「King of Nowhere」までダレることもブレることもないジャストヘヴィサイケです。いや、音楽性自体はダレダレだけども。

最初にあげたバンドはどれも古くさい音像を作り上げているようでいて、しっかりとモダンな感性というかポストなんちゃら的な感性が感じられるのも良いかな、と思うのですが、このThe Flying Eyesにはそのようなモダンさが希薄。この辺りがどっぷりハマってしまった要因のようです。たぶん、キモになっているのはボーカルの声質。Black Mountainのツインボーカルが所謂USインディー的な、Rate 60's~70'sのヘヴィサイケやブルースロックとは別の方向へアピールするクールさだとすると、The Flying Eyesのボーカルはその対局を行かんでもない暑苦しさ。基本的には音楽性に合わせただらだら感あふれる歌いっぷりですが、声質自体が男臭く暑苦しい。ボーカルがずば抜けてうまい、というわけではないけれども、00年代のサイケロックとの組み合わせが案外新鮮に感じられる、そんな一枚。

今回紹介したのは過去に出した2枚のEPをまとめたデビュー盤。実質的なフルアルバムは未発表なので、今後がめちゃくちゃに楽しみなバンドです。
スポンサーサイト

posted in : HEAVY ROCK2 comments

comments

承認待ちコメント

posted at : 2012-11-25 (Sun) 16:53:42

このコメントは管理者の承認待ちです

#, [ edit ]

承認待ちコメント

posted at : 2013-01-21 (Mon) 11:13:30

このコメントは管理者の承認待ちです

#, [ edit ]

leave a comment

管理者にだけ表示を許可する

* = 必須項目

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。